リハビリ

鷹揚郷青森病院【リハビリ治療部PR】

当院は、平成11年に理学療法室を開設し、現在リハビリ治療部として、理学療法士により主に腎臓機能の低下した患者さんに対して、運動療法を中心としたリハビリテーション治療を提供しています。

運動療法は、透析患者さんの全身持久力や生活の質(QOL)の向上、生命予後の改善につながるだけでなく、最近では透析に入る前の腎不全患者さんにおいても、適度な運動が腎臓機能には悪影響を及ぼさずに全身持久力やQOLの向上などに有効であるとわかってきました。

数年前までの、腎臓機能が低下した患者さんに対し安静を勧めていた時代とは大きく変化してきています。

全国でも、当院のように泌尿器科の専門病院でリハビリテーション治療を行っている病院は、まだそれほど多くはありません。青森市内でも、非常に少ない状態が続いています。

一方、腎臓機能の低下した患者さんも、高齢化が進み糖尿病や動脈硬化症、関節疾患など様々な合併症を併発しています。その為、泌尿器科 疾患の治療に加え、日常生活が自立するための筋力トレーニングや歩行訓練、トイレ動作・移乗動作等の日常生活動作(ADL)訓練等のきめ細かなリハビリ テーション治療が必要となってきます。

当リハビリ治療部では、家庭復帰にあたり必要に応じて自宅を訪問し、玄関やトイレ・浴室などの環境調査や動作方法の確認などを行い、動作方法の指導や住宅改修などの介護保険サービス利用に際してのアドバイスなども行っています。

また、当院では、医師・看護師・理学療法士・ケースワーカー・ケアマネージャー・管理栄養士等を含めたチームアプローチを実践しています。

更に、地域連携を密にし質の高いリハビリ治療を提供する為に、大腿骨頸部骨折及び脳卒中連携パスの受け渡しを計画管理病院である青森県立中央病院・青森市民病院と連携し、手術後や急性期を脱した患者さんの回復期のリハビリテーションの一翼を担っています。

まだまだ不十分ではありますが、当リハビリ治療部では、日頃から患者さん及び御家族の声に耳を傾け、ご要望に添えるよう心がけています。御要望・御相談などありましたら、いつでも御連絡ください。

青森病院リハビリ風景