本文へ移動

経尿道的前立腺蒸散術(PVP)

平成26年東北では初めて当院に導入された前立腺レーザー内視鏡治療法で、現在全国的に広がりつつある治療です。これは、グリーンレーザーという特殊なレーザーで前立腺内腺を蒸散・蒸発させる方法です。出血がほとんどなく、心疾患など重篤な病気を持っている患者さんでもより安心して治療できます。TUR-Pと同等の効果で、しかも、安全性が飛躍的に保証されています。入院期間は3~5日ですが侵襲性が少ないので、日帰り手術も可能な術式です。
<関連リンク>
4
2
7
2
1
2
TOPへ戻る