行動計画

公益財団法人鷹揚郷行動計画

  職員が仕事と子育てを両立させることができ,職員全員が働きやすい環境をつくることによって,全ての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため,次のように行動計画を策定する。
 
1.計画期間  平成27年4月1日~平成32年3月31日までの5年間
 
2.内容
 
目標1:計画期間内に,育児・介護休業法の改正に伴い,職員が短時間勤務制度(1日6時間)及び所定外労働(残業)の免除を取得できるよう,業務内容や業務体制の見直しをする。
 
対策
  • 平成27年4月、制度の詳細に関する検討開始
  • 平成27年6月~連絡会議において各部署代表者へ内容を周知させ,短時間勤務制度(1日6時間)、所定外労働(残業)の免除取得者に対しては,各部署責任者及び担当者より詳細を説明する。
 
目標2:職員が子どもの看護のための休暇を取得できる制度を職員に周知させる。
 
対策
  • 平成27年4月、制度の詳細に関する検討開始
  • 平成27年6月~連絡会議において各部署代表者へ内容を周知させ,子の看護休暇制度取得者本人に対しては,各部署責任者及び担当者より詳細を説明する。
 

公益財団法人鷹揚郷女性活躍推進法行動計画

  女性の職業生活における活躍の推進に関する法律第8条第1項又は第7項の規定に基づき、次のように行動計画を策定する。
 
1.計画期間  平成28年4月1日~平成33年3月31日までの5年間
 
2.内容
 
目標:有給取得日数の増加を目指す。(職員ひとりにつき年間10日)
 
対策
  • 職場と家庭の両方において男女がともに貢献できる職場風土づくりに向けた意識啓発
  • 有給取得率の向上