栄養化学部

栄養化学部の紹介

栄養化学部では、慢性腎不全食を中心とする、さまざまな疾患のある患者さんに対して、食事を提供する事を主な業務としております。

栄養化学部の目指すもの(方針)

  1. 治療を受けられる患者さんにとって、食事は楽しみの1つでもあります。私たちは治療食としてだけではなく、少しでも満足して頂ける食事の提供ができるよう取り組んでおります。
  2. 調理施設の衛生面に細心の注意を払い、食事の安全を確保するよう努めております。
  3. 患者さんやその御家族に対し、栄養指導・相談を通して治療食への知識を深めてもらえるよう努めます。
     

栄養化学部の活動

栄養指導・相談について

日時…月曜日~金曜日(土・日・祝日以外)10時~16時
内容…慢性腎不全(保存期・透析導入期)、糖尿病、尿路結石症など
場所…栄養指導室、透析室・病室のベッドサイドなど

栄養管理について

入院されている患者さんに対して、摂食機能や病態を考慮した栄養管理を実施しております。また、栄養サポートチーム(医師・看護師・管理栄養士)による、カンファレンスを週に1回行い、患者さんの栄養状態維持や改善に努めております。

栄養指導風景

お気軽にご相談下さい。

調理場風景

衛生管理第一に努めております。

病院給食の紹介

種類

・透析食 ・慢性腎不全保存期食 ・糖尿病食 ・常食
・その他の特別食(えん下食・潰瘍食など)など
各食事、病態に合わせた軟飯・お粥・パン・麺類・軟菜・刻みなど対応しております。
 
※アレルギー以外でも食べられない又は苦手な食品がある場合などでも可能なかぎり対応しております。

行事食

年末年始のお重での提供、クリスマス会でのワゴンサービス、その他季節の行事食を提供しております。
栄養化学部では年に4回ベッドサイドを訪床し、嗜好調査をおこなっており、ご意見・ご要望などもお聞きし、よりよい給食の提供を目指しています。
腎臓病用特殊食品
調理風景