本文へ移動

体外衝撃波結石破砕術(ESWL)

衝撃波とは、例えばダイナマイトを爆発させたときに発生する波のことで、衝撃波によって建物や岩が破壊されます。恐ろしく感じられるかもしれませんが、実は衝撃波は石のように硬いものだけ破壊する性質があり人間の体のように軟らかいものにはほとんど影響はありません。治療では装置に横たわっているだけです。装置から発生した衝撃波が体を素通りし、結石だけに命中して結石を粉々に破砕します。治療時間は1時間程度で、ほとんど日帰りで行われています。麻酔の必要もなく身体的負担はほとんどありません。粉々になった結石は尿と一緒に排石されます。1週間後に受診していただき、レントゲン写真で残石がなければ治療終了ですが、時に追加治療を行うこともあります。ただし結石が硬く、破砕されにくい場合や結石の大きさが1cm以上の時は内視鏡手術をお勧めします。治療成功率は8割~9割です。
<関連リンク>
4
2
3
5
2
0
TOPへ戻る